「忌み言葉」に気をつける事は最低限のマナーです。

2016-06-27

お通夜や告別式などでお悔やみの言葉・弔辞・弔電を述べる時は、「忌み言葉」を避けるようにする事が最低限のマナーであり、礼儀、常識です。

お葬式のマナー 言葉

忌み言葉とは、不幸が続く事を連想させる言葉の事で、ご遺族に対する配慮から、「通夜・葬儀・告別式」では使うことは非常識とされています。

■忌み言葉として気を付ける言葉

【一般的な忌み言葉】

・重ね重ね
・度々
・またまた
・重々
・いよいよ
・再三
・再四
・ますます
・返す返すも
・次々
・追って
・再び
・続く
・なお
・浮かばれぬ

【仏式葬儀での忌み言葉】

・浮かばれない
・迷う

【神式・キリスト教式葬儀での忌み言葉】

・成仏してください
・供養
・冥福
・往生

これらの忌み言葉は、宗教によって変わりますので注意しましょう。

又、キリスト教では「お悔やみ」「哀悼」といった言葉も使わないので注意しましょう。

葬儀の受付・ご相談
運営管理:株式会社 太陽の杜
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町3-15-2 お問い合わせフリーダイヤル.0120-980-766